HSPあるある!全て悲観的・号泣癖・感情移入…の対処法

HSPあるある!全て悲観的・号泣癖・感情移入…の対処法

HSPの方にとって自分の特性というものは受け入れがたいものです。時には不自由な生活を強いられることもあります。
この章では「あるある〜」というネタをもとに、問題の解決法をまとめてみたいと思います。

少しでも肩の荷が降りれば幸いです。難しいことは書いていないので、ゆっくり読み進めてくださいね。

ノリマロ
ノリマロ

HSPの僕としてはやはり物音が気になりすぎるのと、相手の機嫌を伺いすぎることがネックかな〜

そこもメリットと捉えることができるわよ

妻っち
妻っち

まず初めに。HSP特性を恐れないで!

HSP特性はマイナスなイメージが付き物であり、それに対する啓発書やセミナーが多いです。「乗り越えようぜ!」みたいな感じですね。
しかし、個人的に思うのは人一倍な特性なのですから、自分の特徴を味方につければいい話。

そうすれば自分をもっと好きになりますし、新しい世界が見えるかもしれません。あなたがHSPだということは、何かの意味があると考えましょう。

HSP特性は決して辛いものではなく、優しいあなたに贈られたプレゼントのような気質だと理解することから、HSP特性とうまく付き合う人生が始まります!

あるある1:全てに悲観的

ネガティブとも言えるのですが、心配症で悲観的な面が際立って目立ちます。軽い特徴だと「火はちゃんと消したか」とか「鍵をきちんと閉めたか」から始まり、重くなると「息子の小学校に不審者が入っているかも!」とか「風邪だとは思うけど重大な疾病が隠れていたら!」という良くも悪くも考えすぎです。

私も子どもの不調はかなり気を揉みます。ただの虫刺されで小児科へ連れて行って、先生からは失笑・妻からは反感を買った記憶があります。

またHSP特性に対しての不安も大きい方もいます。「これからの人生ずっとモヤモヤしたままなのかな……」と気落ちすることもあるでしょう。
HSP特性は「気にし過ぎ」で一蹴されがちですが、本人にとっては重大な問題です。

悲観的なHSPさんの解決策

悲観的になったら「理解ある人に話すこと」が重要です。この時の人選は「信頼できる人」がベストでしょう。でないと、気にし過ぎ!で終わってしまいます。

あなたが全てに悲観的なのは、それだけ人生に用心深い証拠です。もしかしたら今までの生活の中で、気付かずにアンラッキーを回避していたかもしれません!
そう思ったら特性も役に立つものと言えますね。

悲観的な性格はなかなか乗り越えることは難しいと言えますが、あえて不安を抱くことは危険回避と言えますし、もうダメだ!という思いはその思いを重ねるに連れ自信につながります。

悲観的な自分を愛することから始めましょう!

あるある2:ちょっとしたことで号泣してしまう

うまくいかなかった時、批判された時、出会いと別れの数が肩を並べそうな時、もっと普段の生活にまで落とし込むと、朝目が覚めて一日を始めようとした時。何故だか涙が出てくることはありませんか?

私は泣きながら目を覚ますことがたまにですがあります。すごく悲しいです。

こんなの自分じゃない……と思ってしまいますよね。分かります。でも悲しむことも嬉しがることも、あなたの心の表れなんです。
自分の心や性格や特性に蓋をすることは、自分を否定するのと同じです。それは悲しいことです。

すぐ泣くあなたの解決策

「涙を流す」

それはいけないことなのでしょうか?唇噛み締めて耐えなければいけない?いえ、あなたは人間らしく笑って泣いて色々な感情を抱いていいのです。
感情をオープンにすることは素敵なことです。

うまくいかなくても、死ぬこと以外の選択は無数にあります。失敗なんてかすり傷なんです。それなら、やりたいことをして表したい感情を振りまきましょう。

泣くことは悪くないです。ひとしきり泣いたら前を向く、そうすれば景色もクリアになっていますよ!

あるある3:すぐ感情移入してしんどくなる

HSP特性の一つとして、感情移入しすぎる点が挙げられます。あなたにも「相談を受けていたらしんどくなってしまった」という経験はありませんか?
他者と自分との境界線が曖昧だと自分の感情がすごく揺さぶられてしまいます。

私も人の相談事は考え過ぎてしまう癖があり、何故か翌日寝坊したり、逆に不眠気味になることもしばしば。

特にマイナスで重大な悩みほど心揺さぶられることが多いです。自分のライフスタイルが相談した側にシフトして、すごくモヤモヤしてしまいますね。

感情移入しすぎるあなたへの解決策

必要以上に相談役にならないことを心がけましょう!お人好しなあなたは周囲にとっていいアドバイザーというポジションなのだと思います。
「あの人なら話せる!」「あの人と話すと元気が出る!」そう思われることは大変素晴らしいことです!あなたは胸を張っていいです。

でも、あなたのライフスタイル(人生)はあなたが歩むものであり、主体性はあなたが握り、干渉される必要性は0です。

しんどいなら「いや」と言っていいのです。「ちょっといろいろ私も忙しいから、時間ができたら聞くわ」程度でいいのです。そこに腹立つ人がいたとしても自分のメンタルをやられるリスクを考えれば自分の健康が大切です。

話半分。その立ち回りを柔軟に理解することが大切です。

おまけあるある:長続きしない

私ごとで誠に恐縮でですが、長続きしません!仕事も何度も変えていますし、趣味も胸張って趣味と言えるレベルのものは皆無です。

独立したい!と思ってデザインの勉強を始めれば、三日も経たずにYouTuberを目指していました。何というフットワーク!

何も長続きしないあなたへの解決法

あなたがあなたである人生は何回ありますか?そう1回だけ!1回だけなんです!次はセミとかアリとかに生まれてくるかもしれません!そうなったら人生も夢も趣味も全く関係のない世界です。

だから色々なことをすればいいんです。「お前そろそろ働けよ!」とか「そんな歳でフリーター?ふざけてるの?」と言われてもお構いなしでいいんです。

好きなことをいっぱーい見つけて、その度に熱を帯びていたら、その先に答えは絶対待ち受けています。それが間違った道であっても成功へのルートが照らされると思えば、こっちのものです!

HSPでもフリーターでも「好きを大切に!」好きなことだけで生きてもいい時代です。思い切り自分勝手に生きていいんですよ!

まとめ

いささか、精神論を振りまいてしまった部分はありますが、HSP特性は性格的なものであり治療もできません。

ですので自分の心やライフスタイル自体を変えないと、辛い状態が長引いてしまう恐れがあります。でも大丈夫!人間関係も仕事も家族も恋人も、あなたが気持ちの良いものを取捨選択すれば良いのです。

これは身勝手ではなく、あなたが健康に幸せに生きる術です。最終章でも記したように「好き!」で囲まれる人生を目指しましょう!


ノリマロ

ノリマロ

投稿者プロフィール

HN:norimaro(昔のゲームのキャラに似てるらしい)
Age:30
SEX:Men
Address:関西
Others:あなたの気持ちいい距離感で大丈夫です。「HSP」は時にはツライ特性ですが、健やかな毎日になるようにそっと背中を押しますね。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. HSPあるある!全て悲観的・号泣癖・感情移入…の対処法
    HSPの方にとって自分の特性というものは受け入れがたいものです。時には不自由な生活を強いられること…
  2. [恋愛・結婚]HSP特性持ちにはどんな彼女・彼氏がいい?
    HSPだって恋愛の一つや二つ経験してみたいものですね。HSPだから恋愛はダメ!なんて法律もありませ…
  3. ミス連発で辞めたい!HSPの仕事が上手くいく3つの習慣
    私自身、仕事が苦手です。ミスは連発するし、しかもスピードは激遅くて「終わるのまだですか?」と言われる…
  4. もう我慢ならんあなたに!HSPにオススメの転職サイト厳選3選!
    ストレスや過敏性、ヒソヒソ声、上司の評価……など、もうストレスだらけで我慢できない!私にはも…
  5. 親必見!HSP特性を持つHSCがいじめ被害を回避する5つの鉄則
    HSPの特性を持つ子供を「HSC」と言うのは、かなり広く認知されてきていますが、HSCは感受性が他の…
  6. HSP特性の一つ!人間関係の心配性を乗り越える方法まとめ!
    HSP特性を持つ人にとって「人間関係」は悩みの元となりがち。「あれ言って傷ついていないだろうか…」や…
  7. ツラいHSP特性を穏やかに緩和させるグッズを色々試してみた!
    HSP特性というものは、時に胸を締め付けられるほどツラいものです。人の顔色や機嫌や行動が逐一気になっ…
  8. 生きづらいHSPがドキドキ・シクシクを緩和させる方法5選
    HSP特性めっちゃ出てる人は「誰かに支えてもらいたいけど、そんな人いない」とか「周りは敵ばかりです」…
  9. HSPの私が虹を見た結果、涙が溢れてきた……まだ生きられる
    このところ何もかも裏目に出て、自分が嫌になり、憔悴しきっていました。いろんな人に迷惑をかけ「あーもう…
  10. HSPが具合が悪くなった時用に持ち歩くべきアイテム5選!
    HSPは疾病にはないにせよ、精神的にドキドキしたり悲しくなったりと気分の波があります。そんな時に備え…
ページ上部へ戻る