親必見!HSP特性を持つHSCがいじめ被害を回避する5つの鉄則

親必見!HSP特性を持つHSCがいじめ被害を回避する5つの鉄則

HSPの特性を持つ子供を「HSC」と言うのは、かなり広く認知されてきていますが、HSCは感受性が他の子よりも高い分、精神的な揺らぎが大きいのも特徴の一つです。かく言う自分の息子も「HSC気質が見受けられるな〜」と最近感じるようになりました。

将来、気負いすぎていじめを受けたら親としては放っておけないのが正直なところです。

ということで、今回のコラムは「HSCといじめの関係性」についてまとめました。自己防衛は大事です、いじめの魔の手から子供を守るのは「親の責務」です!

HSCがいじめの標的にされやすい理由

私自身も「いじめられっ子の経験」は正直言ってあります。大カミングアウトですけど、びっくりしました?人の意見を気にしすぎる、他の子に嫌われたくないという思いが根底にあったからと言えます。

また、以下のような理由でHSCは「いじめの標的」になることが多いです。

  • 嫌われたくないから何でも言うことを聞く
  • 人と同調しすぎて「NO」と言えない
  • 勝手な劣等感からヘルプサインを出しにくい

多分、大人のHSPの皆さんにも当てはまるポイントだと思います。このような子供たちは「嫌なことを嫌と言わない」ことが特徴です。

心の奥底には「これは友達づきあいの範疇だ」という錯覚や「嫌われたらもっと酷いことになる」という自分勝手な思い込みも含まれますね。私自身も自分の中で「友人としてorいじめのライン引き」が曖昧だったため、いじめは深刻度を増しました。

HSCの認められたいという心は「認められなくてもいい人物(たち)」からも認められようと必死になってしまいます。嫌われたくないという心が底にあるわけです。では、HSCがいじめを回避するにはどうすればいいか必死に過去を振り返ってまとめてみました!

まず親がHSCの我が子の変化に気づく

HSC特性を持つ子にとって「情けない自分の姿は誰にも見せたくない」という思いがしばしば発生します。要するに「親に申し訳ない」などという思いですね。

そのような我が子の変化に気づかなければ、HSCは容易に心が折れてしまいます。

私は精神的に追い詰められた身ですので、精神病棟に2度も入院しました。今は元気ですけど。

ですので、子供のメンタルを守るのは親の責務だと言うことです。「少し元気がないな」とか「口数が少ないな」と思ったら、「最近どう?」と物怖じをせず聞きましょう。

一度や二度聞くのではなく、ほぼ毎日「今日は誰と遊んだ?」「楽しかった?」「流行っている遊びは何?」と子供と有益なコミュニケーションを取ることが大切です。子供を救うのは親です。

学校以外の居場所を作る

私は高校の頃、すでに病んでいたので保健室登校でした。ずっと保健室と家の往復です。これを365日繰り返していたのですから、今思い返せば「修行みたい!」と笑ってしまいます。

でも、私は学校での居場所とは別に、自分のいるべき場所を見つけていたので、通学・就学という面ではさほど気にしていませんでした。

なぜかと言うと、私自身「バレーボールの社会人サークルで活動していたから」です。

HSC本人もそうでない普通の学生も、「学校が全て、いい大学に行くのが全て」と刷り込ませています。レールを外れれば、落第・アブノーマル・非常識・信じられない!という意識を大人たちから教育されているわけです。

もしそのような思いが元で、強制的に義務的に苦痛な思いをしてでも学校へ通っている学生がいるなら「ごめんなさい」いち大人として、大人代表として、あなたに辛い思いをさせたことを謝ります。

でも、あなたは「半分子供半分大人の身」です。自分の進みたい道へ進んでもいいんですよ!学校以外の居場所を見つけた時、学校の人間関係なんてものは瞬時にどうでもよくなります。

いい人をやめる

これは子供に限ったことではありませんが、いつでもニコニコ・何されてもニコニコ、そのような態度はやめるべきということです。

いじめという魔物は自分の善の部分に容易く入り込んできます。

「嫌なことは断じて許さん!」くらいの精神力を持って丁度いいくらいです。優しい人は損をするというのは、時代が変わっても同じです。

ずる賢く生きろとは言いませんが、いじめに対しては毅然とした態度を持たせることが大事ですね。

暴力には暴力を

これは執筆しようか迷いましたが、いじめに対抗する最終的な答えだと思うので執筆します。

いきなりですが「北朝鮮がなぜ東京に核ミサイルを落とさないか」理解できますか?何を言いたいかお分かりですね?

要するに「北朝鮮が日本を攻撃した瞬間、自国の存続が危ぶまれるから」です。制裁はもちろん加えられますし、日米安保も維持している日本を攻撃するのはデメリットでしかないからです。トップの首が飛ぶ程度では済まされません。

話を元に戻しましょう。

いじめ抑止に何が一番効果的かというと日本やアメリカのように「私を攻撃すれば徹底的にやりかえす」という意思を持つことです。人は普段温厚だけどキレたら何するか分からないという人物に触れようとしません。

ですので、抑止力として「暴力を持ってくること」は本末転倒かもしれませんが、一番効果的だと言えるのです。

最終的な味方は親である

クラス全員が敵に回っても「子供を信じるのは親である」というポリシーは貫き通すこと。家庭を子供にとって大切なセーフハウスとして維持することが重要です。

私も両親に何度助けてもらったことかと感じていますし、今HSP特性を持っていようとも家族や愛する妻子はいます。

ですので、HSCでも幸せになれると親子ともに信じることが大切です。いじめというものは学生でも大人でも経験する卑劣な行為です。そのような時、一息つけて安心できる不可侵の場所「家庭や両親」は常にオープンでなければいけません。

まとめ

注目して欲しいのが、ドラマ「半沢直樹」でも耳にした”倍返しだ!”という、暴力には暴力をというスタイルです。野蛮に思われる方もいるかもしれません。

しかし、それくらいたくましくないと今の時代「やられっぱなし」なんです。

自分の子供に変化があったら「どうしたの?」から始めてみてはいかがでしょうか。


ノリマロ

ノリマロ

投稿者プロフィール

HN:norimaro(昔のゲームのキャラに似てるらしい)
Age:30
SEX:Men
Address:関西
Others:あなたの気持ちいい距離感で大丈夫です。「HSP」は時にはツライ特性ですが、健やかな毎日になるようにそっと背中を押しますね。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ミス連発で辞めたい!HSPの仕事が上手くいく3つの習慣
    私自身、仕事が苦手です。ミスは連発するし、しかもスピードは激遅くて「終わるのまだですか?」と言われる…
  2. もう我慢ならんあなたに!HSPにオススメの転職サイト厳選3選!
    ストレスや過敏性、ヒソヒソ声、上司の評価……など、もうストレスだらけで我慢できない!私にはも…
  3. 親必見!HSP特性を持つHSCがいじめ被害を回避する5つの鉄則
    HSPの特性を持つ子供を「HSC」と言うのは、かなり広く認知されてきていますが、HSCは感受性が他の…
  4. HSP特性の一つ!人間関係の心配性を乗り越える方法まとめ!
    HSP特性を持つ人にとって「人間関係」は悩みの元となりがち。「あれ言って傷ついていないだろうか…」や…
  5. ツラいHSP特性を穏やかに緩和させるグッズを色々試してみた!
    HSP特性というものは、時に胸を締め付けられるほどツラいものです。人の顔色や機嫌や行動が逐一気になっ…
  6. 生きづらいHSPがドキドキ・シクシクを緩和させる方法5選
    HSP特性めっちゃ出てる人は「誰かに支えてもらいたいけど、そんな人いない」とか「周りは敵ばかりです」…
  7. HSPの私が虹を見た結果、涙が溢れてきた……まだ生きられる
    このところ何もかも裏目に出て、自分が嫌になり、憔悴しきっていました。いろんな人に迷惑をかけ「あーもう…
  8. HSPが具合が悪くなった時用に持ち歩くべきアイテム5選!
    HSPは疾病にはないにせよ、精神的にドキドキしたり悲しくなったりと気分の波があります。そんな時に備え…
  9. HSPの私に心理的効果があった行動5選!大公開!
    HSPというものを自覚して早5年。どのような性格かや特徴かがようやく理解できるようになりました。しか…
  10. HSP特性は自殺・自傷の原因となるのか?まとめてみた
    さすがに「HSP特性がしんどい!死のう!」という方はいないと思いますが、HSP特性が希死念慮(死にた…
ページ上部へ戻る