やる気を出したいHSPさんへ!人生を劇的に変える5秒の魔法

やる気を出したいHSPさんへ!人生を劇的に変える5秒の魔法

「やらなければいけないのに面倒くさい」「ついつい後回しにしてしまう」といった経験は誰にでもありますよね。私も今回お伝えする5秒の魔法を知るまで、筋金入りのものぐさ太郎でした。

このコラムでは、たった5秒あることを行うだけで、「やらなければいけないこと」にすぐアプローチできる魔法のような方法を解説します。

私の生活もこの5秒の魔法で劇的な変化が訪れました。あなたもこの5秒の魔法をマスターしてアクティブに動き、充実感を120%味わいましょう!

やらなければいけないのにやる気が出ないメカニズムとは

やらなければいけないのにやる気が出ないメカニズムとは

では人はなぜやらなければいけないのに、それにすぐ取りかかれないのでしょう。後回しにするメカニズムを解説します。

あなたが例えば、大きなプレゼンを控えている時や課題を乗り越えようとしている時、脳では防衛本能が作動します。

具体的な例を出すと、

  1. もしプレゼンが失敗したら……もし提出した課題に対して批判されたら……これは今やるべきなのか?と悩む
  2. もっと練習した方がいい、もっと課題を練り直した方がいいよなど、防衛本能が作動し「しない」言い訳が出てくる
  3. 結局、脳が「今はやめよう」という結論を出してしまう=やる気が遠のく

人間は「やるぞ!」「やってみようかな!」という決意を心の中で思いついた瞬間5秒間はやる気が持続し、脳の防衛本能もやらない理由をまだしっかり作れません。

しかし、5秒経つと「それをしない・後回しにする」言い訳を考えてしまうのです。

何かの行動を起こすことは大変エネルギーが要りますし、行動には多かれ少なかれリスクが伴います。

そのリスクを回避するために人間が本来持っている脳の野生的な部分がブレーキをかけるわけです。脳があなたを守ってくれるんですね。

リミットは5秒!そのわずかな時間に何をすればいいのでしょう?次の章に移りましょう、大丈夫詳しく解説します!

脳が言い訳を考える前に魔法の「5セカンドルール」を使え!

脳が言い訳を考える前に魔法の「5セカンドルール」を使え!

先ほど、脳は5秒経つまでしっかりとした「やらない理由」を作れないと話しました。ではその5秒にどのようなアプローチをすればいいのでしょう?

そこで必要になってくるのが5セカンドルールです。

5セカンドルールというアプローチは2017年の春に「Mel Robbins(メル・ロビンス)」という方が発案した行動改善プログラムです。

5セカウンドルールの手順を早速マスターしましょう!

お待たせしました5セカンドルールの概要です!詳しく説明します!コツは言い訳を考える前に動くということ。

Check!! 5セカンドルールのやり方

  1. 自分の中で「やりたいこと」「やらなければいけないこと」をパンッと意識してください
  2. すぐに「5・4・3・2・1・GO!」と頭の中で数えましょう
  3. GO!と言った瞬間すぐに行動しましょう!
  4. 気づいた時あなたはやらなければいけないことに、すでに取り組んでいます

 

そんなうまいこといくかよ!と思いますよね!でも、私が2週間実践した結果生活スタイルが180度変わりました。

5セカンドルールを2週間試した結果

5セカンドルールを2週間試した結果

この5セカンドルールを知る前に、私は次のような問題に悩まされていました。それがこちら。

  • ブログ更新のモチベーションが上がらない
  • ブログ更新・英語勉強のバランスが取れない
  • 生活スタイルを守ろうとするとやりたいことを全てやる時間がない

これらの問題は全て解決しました!

ブログ更新のモチベーションが上がらない

ブログというものはまず書かなければいけません。それ自体は辛くないのですが、お尻に火がつくまでが大変です。

車が動くのと一緒で、車が一番ガソリンを食うのが発進する時です。動き始めればそんなにエネルギーを必要としません。そんな時にこの5セカンドルールを実践すると、脳が言い訳をする前に動くのでやる気自体もスムーズな発進となりました。

掃除をする前、仕事で新しい案件に取り組む前、市役所に手続きをしに行く前、四六時中5セカンドルールは役に立っています。

ブログ更新・英語勉強のバランスが取れない

私はブログ2サイト運営・語学勉強中なのですが、並行作業が苦手で「今日はブログ書いたから勉強はいいかー」とものぐさになってしまっていました。

そこで5セカンドルールの出番です。

本来なら「ブログ更新したからもう何もしなくていいよね」という気分になるのですが、やる気を出したい時に5セカンドルールを使うと、英語勉強も両立できるようになったのです!

生活スタイルを守ろうとするとやりたいことを全てやる時間がない

私の生活スタイルとして、夜23:00〜朝8:30までは絶対睡眠を取りたいという人間でした。かなり睡眠時間が長いことが嫌で、心療内科に相談しに行ったことがあるくらい悩んでいました。

当然、睡眠時間が長いと活動する時間が短くなります。しかしこの5セカンドルールを試してみると、朝5時には起きてブログを1記事、早朝に更新することができているのです!

早朝に1記事アップロードというノルマは達成できているので、英語を勉強する時間は余裕で確保することができています。

ベッドの中で「5・4・3・2・1・GO!」と唱えて動き出すだけでいいんです。

あれだけ過眠気味だった私が5時に起きているなんて信じられません!「GO!」と言った瞬間、もう動き出して気がつけば熱いシャワーを浴びて朝のコーヒーをいつのまにか飲んでいるんです!素晴らしい。

5セカンドルールで私の生活は180度変わりました

5セカンドルールで私の生活は180度変わりました

したいことが素直にできるということは本当に嬉しいことです。ボーッと起床して寝ぼけ眼で出社して、なんとなく働いて、帰宅していつのまにか寝ている。

そんな生活にメリハリがつき「やりたいことだ」けでなく「やらなければいけないこと」にも勇敢に立ち向かえるようになったのは私自身の素晴らしい成長です。

単に起床時間が増えたということも嬉しいですね、時間的にいろいろなことができるようになるので。

また、やる気を出したい時だけでなく、二度寝・三度寝に悩む方にもおすすめな方法です。

まとめ

5セカンドルールをベースに生活すると人間変わります。この記事を見た方はラッキー!ぜひ明日からと言わず”今日から”試してみてください!準備はできましたか?

では、取り掛かりましょう!

「5・4・3・2・1・GO!」

参考にさせていただいた動画

HSP気質を生かした趣味をまとめました!穏やかな生活を送ろう!

Check!! 感動しやすいHSP特性をもっといい方向に鍛えよう!

■心からオススメする趣味5選!気軽に読みに来てね!


ノリマロ

ノリマロ

投稿者プロフィール

HN:norimaro(昔のゲームのキャラに似てるらしい)
Age:30
SEX:Men
Address:関西
Others:あなたの気持ちいい距離感で大丈夫です。「HSP」は時にはツライ特性ですが、健やかな毎日になるようにそっと背中を押しますね。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. もう我慢ならんあなたに!HSPにオススメの転職サイト厳選3選!
    ストレスや過敏性、ヒソヒソ声、上司の評価……など、もうストレスだらけで我慢できない!私にはも…
  2. 親必見!HSP特性を持つHSCがいじめ被害を回避する5つの鉄則
    HSPの特性を持つ子供を「HSC」と言うのは、かなり広く認知されてきていますが、HSCは感受性が他の…
  3. HSP特性の一つ!人間関係の心配性を乗り越える方法まとめ!
    HSP特性を持つ人にとって「人間関係」は悩みの元となりがち。「あれ言って傷ついていないだろうか…」や…
  4. ツラいHSP特性を穏やかに緩和させるグッズを色々試してみた!
    HSP特性というものは、時に胸を締め付けられるほどツラいものです。人の顔色や機嫌や行動が逐一気になっ…
  5. 生きづらいHSPがドキドキ・シクシクを緩和させる方法5選
    HSP特性めっちゃ出てる人は「誰かに支えてもらいたいけど、そんな人いない」とか「周りは敵ばかりです」…
  6. HSPの私が虹を見た結果、涙が溢れてきた……まだ生きられる
    このところ何もかも裏目に出て、自分が嫌になり、憔悴しきっていました。いろんな人に迷惑をかけ「あーもう…
  7. HSPが具合が悪くなった時用に持ち歩くべきアイテム5選!
    HSPは疾病にはないにせよ、精神的にドキドキしたり悲しくなったりと気分の波があります。そんな時に備え…
  8. HSPの私に心理的効果があった行動5選!大公開!
    HSPというものを自覚して早5年。どのような性格かや特徴かがようやく理解できるようになりました。しか…
  9. HSP特性は自殺・自傷の原因となるのか?まとめてみた
    さすがに「HSP特性がしんどい!死のう!」という方はいないと思いますが、HSP特性が希死念慮(死にた…
  10. 精神障害と収入。子供を大学進学をさせてやれない事実と対策
    「私の家には子供を大学進学させられる経済的余裕はありません」と告げられたのはつい最近のことでした。 …
ページ上部へ戻る